愛知県刈谷市小垣江にあるおがきえ眼科クリニック
新型コロナウィルスの感染拡大に伴うお願い
息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある、あるいは発熱がなくても風邪症状(せき、のどの痛み、下痢嘔吐、だるさ)等のある方は内科等への受診後の来院をお願いします。
新型コロナウィルスに感染、または感染の疑いのあるかたと濃厚接触があってから14日以内の方は受診をご遠慮ください。
日本国外への渡航歴、日本国外からの入国者で、帰国後および入国後14日以内の方は受診をご遠慮ください。
コンタクトレンズ未経験の方の処方について
新型コロナウィルス感染症が増加しています。拡大防止のため、患者様と従業員の安全を考慮し、当分の間コンタクト未経験の方の処方を休止させていただきます。現在のところ再開時期は未定です。こちらのホームページか電話にて確認お願いします。
コンタクト経験者の度数変更、種類変更は出来ます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

受付時間

 
AM 9:00~12:00
/
PM 3:15~6:30
/ / /
AM 9:00~PM 1:00
コンタクト処方希望、めがね処方箋希望の方は、終了30分前までに受付をして下さい

ご挨拶

  このたび、様々な方々のご協力とご縁で、「小垣江」という私の生まれ育った実家の近くで"おがきえ眼科クリニック"を開院することができました。関係各位のご協力に深く感謝するとともに、このいただいたご縁と期待に身が引き締まる思いです。
  私は、今まで大学病院や地域の総合病院で眼科診療に携わってきました。大学病院では、白内障や緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離などの重症な目の疾患の治療、ぶどう膜炎などの難治疾患を専門にし、その後は、地域の総合病院で、結膜炎やものもらい、結膜下出血などの日常の眼疾患の症例を数多く診察、治療をしてきました。そのような日々の中で、目の病気は最初は軽い症状だが、そのまま放っておいたりすると、その後の人生を左右させるほどの深刻な結果を招くことになることを目の当たりにし、地域医療での早期診断と早期治療の大切さを感じ、当院の開院に至りました。
   「目の病気なら"おがきえ眼科"に行けば大丈夫」と地域のみなさまに言っていただけるよう、スタッフとともに日々全力を尽くして診療にあたっていきます。地域に根ざしたかかりつけの眼科医として貢献できればと考えております。
  どうぞよろしくお願致します。

院長 長坂 修治
地図
↑クリックすると拡大表示します
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード

リンク


コンタクトレンズご希望の方ははやぶさコンタクトへどうぞ
TEL:0566-29-0010
おがきえ眼科クリニック横